戸隠神社 中社−長野市−神社仏閣

戸隠神社 中社

戸隠神社は、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる神社です。
霊山・戸隠山の麓に点在し、その歴史は二千年以上に及びます。
神世の昔、弟・素戔嗚尊(スサノオノミコト)の非行を嘆いた天照大神を、
知恵を絞って岩屋から引き出した神々を各社で祀っています。
中社には、岩戸神楽(太々神楽)を創案し、岩戸を開くきっかけを作った神である
天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)が祀られています。
学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全に御神徳があり、
多くの人々の信仰を集めています。

ご祭神

◯ 天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)

主な社殿

◯ 本殿      ◯ 青龍殿 宝物館   ◯ 五斎社   ◯ 戸隠の三本杉
◯ 日吉社     ◯ 宣澄社       ◯ 天神社   ◯ 大鳥居
*境内と駐車場横にWCがあります。

駐車場

2ヶ所あり(無料/全約100台)
◯ 西参道入口駐車場:中社隣りの駐車場
◯ 中社西駐車場:西参道駐車場よりも西側
         マイクロバス以上の大型車の駐車可能

周辺の施設

◯ 飲食店(主に蕎麦屋) ◯ 旅館・民宿・宿坊  ◯ 土産店
*それぞれ徒歩圏内にあります。

住所

〒381-4101 長野県長野市戸隠中社3506

アクセス

◯ 車利用
 【東京、名古屋方面】
  上信越自動車道 長野インターより
 ・浅川ループライン経由(約65分):善光寺の北東から戸隠に通じるルート
                 (バードライン経由) 大型車も通行できる。
 ・七曲り経由(約50分): 長野市の市街地を抜けるルートで(時間帯により渋滞する)、
             急な上り坂のヘアピンカーブが続く。
             大型車は通行不可のため、浅川ループラインを迂回して
             飯縄高原の大座法師池でバードラインに合流する。
  【北陸方面】 上信越自動車道 信濃町インターより約30分
        (県道36号信濃信州新線利用、戸隠神社 奥社参道入口の前を通る)
◯ 鉄道、バス利用
  北陸新幹線 JR長野駅善光寺口より路線バス利用
  アルピコ交通 「長野駅前総合案内所前」(7番乗り場/ループ橋経由戸隠高原行き)−
         「戸隠中社前」下車、徒歩0分
  【定期観光バス(JRバス関東)】
   JR長野駅発着の特定日運行。長野駅・小布施・戸隠神社(奥社か中社の降車を選択)・
   善光寺・長野駅の名所をめぐる定期観光バス。(戸隠神社奥社は入口で停まる)
   9:00出発(善光寺参拝コース)    大人:4,000円 子ども:2,000円
  10:30出発(善光寺参拝なしコース) 大人:3,500円 子ども:1,750円
  ※出発時間・料金は2020年現在のものです。

編集者コメント✑

関連記事

  1. 大磧神社−大鹿村−神社紹介

  2. 清水寺観音堂−長野市−神社仏閣

  3. 清滝・清滝阿弥陀堂−長野市−自然・神社仏閣

  4. 千手院 平林観世音−佐久穂町−神社仏閣

  5. 智識寺−千曲市−神社仏閣

  6. 諏訪大社(下社秋宮)−下諏訪町−神社仏閣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。