大町公園(大町山岳博物館)-大町市-公園紹介

大町公園(大町山岳博物館)

大町山岳博物館の目の前にある公園。
北アルプスを一望できる展望デッキからは爽快な景色が広がります。
お花見シーズンはレジャーシートを広げて
桜と北アルプスの景色をゆっくりと楽しむ人々の姿が見受けられます。
山岳博物館では、北アルプスを中心とする自然や登山の歴史について展示しているほか、
動植物を飼育・栽培する付属園を併設しており、山岳の自然と歴史に触れることができます。

花の見頃

◯ 桜 4月中旬〜下旬頃
☆2022年4月16日現在、ほぼ満開
*開花時期は毎年異なります。桜の種類によっても開花時期がずれますので、
 事前にご確認の上お出かけください。

入園料

公園は無料
【大町山岳博物館】
◯ 入館料(個人/団体) 小中学生:200円/150円 高校生:350円/300円 大人:450円/350円 
◯ 営業時間 9:00〜17:00(最終入館16:30)
◯ 営業日  毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始
      (月曜が祝日の場合は開館、翌日休館。7月 8月は無休。)
*観覧無料対象者は以下の通りです。
・大町市内在住の65歳以上の方
・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方および
 同時に入館する介助者等1名
・大町市内の小学校および中学校に通う児童・生徒
・大町市内に住所を有する高校生

主な施設

◯ 山岳博物館  ◯ 芝生広場    ◯ ベンチ   
◯ 展望デッキ  ◯ WC(博物館内と駐車場にあります)

周辺の施設

◯ 市民の森(公園)  ◯ コンビニ   ◯ レストラン    ◯ カフェ

駐車場

あり(無料/普通車約30台、バス1台)

住所

〒398-0002 長野県大町市大町8056−1

アクセス

◯ 車利用
  ・東京、名古屋方面 長野自動車道 安曇野インターより約45分
            上信越自動車道 長野インターより約70分(国道19号経由)
  ・北陸方面     北陸自動車道 糸魚川インターより約90分
◯ 鉄道利用
  篠ノ井駅−JR篠ノ井線(所要約65分)−松本駅−JR大糸線(所要約55分)−信濃大町駅
  信濃大町駅よりタクシーで約5分、徒歩で約25分

編集者コメント✑

大町市の花見スポットのひとつ、大町公園。大町山岳博物館の敷地に面しており、博物館の見学も併せて楽しめる場所です。
以前紹介した大町の市民の森という公園同様、北アルプスの眺望が抜群な場所でもあります。
市民の森と同じく、公園の敷地はやや傾斜地で、上から博物館、駐車場、公園の芝生広場、道路を挟んで展望デッキという並びです。

展望デッキからは大町の市街が眼前に広がり、奥には北アルプスが堂々とひかえています。
市民の森に比べるとかなり開けた景色なので、北アルプスを中心に見たい、撮影したい方は大町公園をお勧めします。
展望デッキのベンチで景色を眺めながら女子トークする奥様方も見られました。開放的な景色に、トークも開放的でした(笑)

一段高い芝生広場には桜の木が植えられており、北アルプスも見えなくはないですが、どちらかと言うとお花見をメインで楽しむという感じです。
撮影に訪れた日は、芝生広場に2店舗ほど出店が並び、たこ焼きやフランクフルトを頬張りながらお花見ができました。アルコールの販売もありますので、ほろ酔いで楽しむこともできますよ。

山岳博物館は残念ながらちょうど休館日で入ることができませんでしたので、簡単に展示内容をご紹介したいと思います。
博物館では北アルプスを中心とする自然や歴史について展示するほか、山々の貴重な資料を収集保管し、調査・研究を行っています。
また、博物館には付属園(動植物園)を併設しており、北アルプスやそのまわりでみられる動物や植物の生体展示・研究、傷病鳥獣の保護、種の保全に貢献す活動が行われています。
平成28年度から国の特別天然記念物であり、絶滅危惧種に指定されているライチョウの飼育を再開し、その飼育と繁殖技術の確立を目指しているそうです。
そのほか、ニホンカモシカ、ハクビシン、チョウゲンボウなどの動物の飼育や、コマクサ、フクジュソウ、リュウキンカなどの植物の栽培も行っています。
博物館、付属園ともに、登山愛好家の方はもちろん、長野の自然を愛する方には見ていただきたい展示内容です。
 

ちなみに、博物館にはライブカメラが設置されていて、北アルプスの様子を映しています。ライブカメラは博物館の公式ホームページで確認できます。朝の4時半から夜の7時半までの間、30分おきに様子を見ることができますので、大町のお天気が知りたい、北アルプスの撮影がしたいという方は参考にしてみてください。
ただし、山の天気は変わりやすいので、出がけには北アルプスがバッチリ見えていたとしても、大町に到着した時には雲がかかっているということもありますので随時ライブカメラをチェックする、一日のお天気を把握しておくということなどが必要です。
こんな時なので、お家にいながら景色を楽しむというのもありだと思います!

大町公園は、こじんまりとした公園ながら、北アルプスの眺望をはじめ、山岳の貴重な資料展示や動植物の観察、春はお花見と様々に楽しむことができます。大町へ来たならぜひ、お立ち寄りください!

【関連記事】
市民の森-大町市-公園紹介

関連記事

  1. 信州スカイパーク−松本市−公園紹介

  2. 茶臼山動物園-長野市-動物

  3. 鏡池−長野市−自然

  4. アルプス展望広場-小川村-公園紹介

  5. HAKUBA MOUNTAINHARBOR-白馬村-観光地紹介

  6. 南城公園-小諸市-公園紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。